チョクダイ・ハンがカメラと地域活性化で暇人の暇を侵略するブログ

武器:カメラ、写真、地域活性化、旅、ゲストハウス、読書、映画

本紹介 レバレッジ・リーディング 20190516

どうも

電車移動中のちょくだいはんです。

 

今日紹介する本はこちら↓↓↓

レバレッジ・リーディング/本田 直之】

20190516
f:id:tyokudaihan:20190516114518j:image

 

読書を読んだままで終わらせず、投資活動に変える方法を紹介する本です。

 

偉くなってる人は皆読書している。

孫正義だって、ホリエモンだって、稲盛和夫だって、みーーんな読書している。

 

「でも、読書する時間が ない。」

ふむ、なるほど。

その考えは改めるべきである。

読書する時間がない、ではなくて、読書してないから時間が無い。というのが著者の持論。
ほかの人の数十年分の試行錯誤の軌跡が、ほんの数時間で理解できるよう、整理されているのが本なのだから、

闇雲に試行錯誤する時間を、結果を出すことにあてられる、というのだ。

 

速読は全てを早く読む技術ですが、
レバレッジリーディングは、時間制限つきで必要な箇所を読む

時間はだいたい1時間から2時間程。

 

そんなんで、拾いきれるの?と思うかもしれないが、

カラーバス効果をうまく使えば見落としはほとんどない。

というか、本のうち重要なのは20%程しかなく拾うのはその8割の16%でいい


書店で立ち読みして、ものすごく面白いと思ったのに、家でじっくり読んでみたら、それほどでもなかった経験はないだろうか。

これは、重要な部分を読んでしまって、新たな発見がなかったからである可能性が高い。

 

※カラーバス効果
今日は赤いものを何個見つけよう、と思って外に出ると赤いもので溢れているように感じること。

これは、意識を向けることで、赤いものに対する感度が高まっているから。

 

カラーバス効果を上手く使うと、素早くページをめくっても、目的の箇所で目が止まる。

 

レバレッジリーディングのやり方

・本を読む目的を明確化する
・制限時間を設ける。1-2時間
・全体を俯瞰する。
  カバーの袖、奥付にある著者プロフィール、まえがき、目次、あとがきを先に読むことで、拾うポイントを先読みする。
・読書開始

 基本的に斜め読み。緩急をつけることを意識する。線を引き耳を折る。

・読書後

マーキングした部分のメモを作成する。

メモは持ち歩き、スキマ時間に見返す。

メモがたまれば、テーマ毎に分類(ビジネス、コーチング、営業方法、引用文...等々)


読書を終えて、耳折りが多い

=分厚い

=為になった本

ということ。

 

目的意識をもって読むのは、余計なところを読まずに済み、ポイントを拾うのが早くなる。

多読をすることで、どこかで読んだと思えば、そこも斜め読みできるようになり、更に拾うのが早くなる。

 

本の選び方

・自分にとってやさしくて読みやすい本を選べ

難しい本に書いてあることが本当に価値のあることなら、それについて知りたがる人はたくさんいる。

→同じ内容をやさしく解説し直した本がすぐに出版される。
出版社も売れる本をつくりたいのだ。 

 

・同じジャンルを徹底的に読む

どの本にも同じことが書いてあれば、それは誰もが認める重要なポイントということ。

 

・本は気になったら即買いし、本のストックを切らさない

もちろん駄本を買ってしまうこともある。

そこで、

①メルマガの書評を活用したり、

Amazonのカテゴリートップランク買いしたり(売れているのは何かしらの理由がある)
③レビューをみたり

④ハズレだと思ったら引き返す勇気をもつ

etc...

 

序章で面白くない本はさっさと辞める。
映画でいえば予告編にあたる。これが、面白くないのは、あまり期待できない

 

エッセンスのメモをいつも持ち歩いて繰り返し何度も読むと、その内容がだんだん自分になじんでくる。
何か意見を求められたときや判断に迫られたとき、本から学んだことが反射的にパッとでてくるようになる。

 

本には、著者が選ぶベストビジネス書や、

書評メルマガサービスの紹介もあるので、

そちらもチェックする。

 

「言葉をおごる」

まるで、コーヒーをおごるように、蓄えた知識や言葉を奢れる人になりたい。

 

ちょくだいはん